発毛、育毛、増毛、植毛 それぞれの違い

「発毛」と「育毛」、そして「増毛」「植毛」はそれぞれ似た言葉ですが、それぞれ言葉の意味に多少の違いがあります。

まず、育毛とは、既に生えている髪を育てることで、細くて弱々しい髪を太くてツヤのある強い髪に育てるイメージを持ってください。
つまり既に進行してしまった薄毛やAGAで育毛を考えてもほぼ効果が期待できません。
そして発毛とは、髪を新たに生えさせることを指しますから、ある程度進行した薄毛の場合はこちらで対処することになります。

次に増毛と聞くと、育毛・発毛に近いイメージを持ちがちですが、実は結構違います。
地毛を増やしたり強くしたりするこれらとはちがい、増毛は自分の毛に人工の毛を結びつけたり、髪が植えられているシートを頭皮に付けることで、見た目でだけのみ髪を増やす方法です。
植毛も増毛に近く、こちらは人工毛や地毛を直接頭皮に植え付ける方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る