喫煙と薄毛の関係性

たばこいよる薄毛の原因の1つが血行不良でニコチンが体内へ入りこむと、自律神経を刺激し血管を収縮し血圧が上昇し、元に戻るまで時間がかかります。血圧が上昇することのいよって酸素や栄養が回りづらくなります。
頭皮への血行の優先順位は低くなっていますので、成長出来なくなった髪の毛は細くなったりコシが無くなり、結果として薄毛となってしまうようです。

またニコチンを摂取することによってビタミンが不足しがちになってしまいますので、毛髪に必要な酸素や栄養の運搬が少なくなり、薄毛に繋がってしまいます。
しかし、ストレスによる薄毛もありえるので、我慢しすぎも男性型脱毛症につながってしまう可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る