発毛率99%のHARG療法とは?

女性の薄毛治療として注目を浴びているのが、発毛率99%とも言われている「HARG療法」です。
薄毛の人は毛髪を作り出す幹細胞が眠っていることで毛が生えてこないので、このHARG療法で幹細胞を起こし、毛根自体の再生を行なう治療法となっています。

HARG療法は幹細胞を起こす薬剤を、頭皮の下全体に注入していきます。
本来持っている自分の力で毛が生えるため、発毛率も99%と高い数字が出せるのが特徴です。
しかし、幹細胞が無かったり減っていたりすると、そもそもの発毛の力がなくなっているということになるので、反応が出にくくなってしまいます。
幹細胞が減ってしまっている70歳前後、またはそれ以上の高齢者の方には効果が薄いのでおすすめできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る