男性型脱毛症・AGAとは?

男性の薄気に多い男性型脱毛症AGAは、一般的に男性ホルモンや遺伝の影響が強いと考えられています。
早ければ思春期の頃から症状が出る脱毛症で、主に頭頂部や額の生え際の一方か両方が薄くなってくるのが特徴です。
しかもこれらの薄毛は非常にゆっくりと進行していくために、本当は思春期から症状が出ていたけど気付いたのは成人して大分経ってからという方も少なくありません。

AGAの症状では普通、毛は薄くなっていたとしても産毛は残っている状態になっていますので、きちんとしたケア・治療を行なっていくことでその毛を太く、長く育てて薄毛を改善することが可能です。
対策が遅くなってしまえばしまうほど改善も難しくなってきますから、気付いたら早めにどうするのかを考えて行動しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る