薄毛対策をしていこうと思った時、薄毛対策関係の商品などを見てみると「血行を促進する」というような言葉を見かけると思います。
そこで今回は薄毛と血行には一体どのような関係があるのかについてご紹介致します。

まず髪の根元には「毛母細胞」と呼ばれる細胞があり、この毛母細胞が下に通っている毛細血管から栄養を貰うことで髪が育っていきます。
血流が悪いと毛細血管から毛母細胞に行き渡る血液が減ってしまうので、髪の毛がご飯を貰えない、つまり必要な栄養を補給できない状態になってしまい、元気がなくなってしまうのです。

頭皮の血流を良くするためには頭皮マッサージをしたり、喫煙しているならタバコをやめるだけでも高い効果があるので、まずはこうした取りかかりやすい所から薄毛対策に入ることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る