20代の薄毛の原因で考えられること

20代でも薄毛で悩んでいるという方は珍しくなく、ある調査では20歳以上の成人男子の比率で4人に1人が薄毛に悩んでいるという結果もでています。

男性の薄毛は主に男性型脱毛症(AGA)と呼ばれ、早い方ですとなんと思春期を過ぎた頃から発症するという事もあるそうです。
そもそも男性の薄毛になる原因は男性ホルモンが大きく関係しているので、男性ホルモンの分泌に変化の訪れる思春期は、若いからと言って決して薄毛と無関係という訳ではないのです。

近年の薄毛率が高い原因として、高脂肪で高カロリーの食生活の変化も挙げられています。
日本でもファストフードやジャンクフードが食生活の中心になっている方は少なくなく、こうした食生活で異常に皮脂が分泌されてしまう事で薄毛に繋がってしまうのです。
またこれも現代的な理由になりますが、ストレス過多といった精神的なものが影響して脱毛症になる事も珍しくありません。

脱毛は気付いた時期が早ければ早いほど、様々な改善法による効果が現れやすいので、「若くて薄毛になってしまった」と将来を諦めずにすぐさま改善へと動き出す事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る